パラダイスは風俗にあり

好みじゃなくても別に楽しいですよ

風俗店のホームページを見て、とにかく自分の好みの女の子を探そうとしている人もいると思うんです。他ならない自分自身もかつてはそうやって風俗を楽しんでいたので人のことは言えないんですけど、それでも最近分かってきたことがあるんですよね。それは、別にそこまでこだわる必要はないってことですね。確かに好みの女の子の方が自分の気持ちが乗るかもしれないんですけど、好みではないとしても、それはそれでとっても楽しい時間を過ごせるってことが分かってきたんですよね。よくよく考えたら風俗は女の子がこちらのために頑張ってくれるものじゃないですか。その大前提が成り立っている以上、例え好みではないとしても女の子が手を抜いたり、敵意を剥き出しにしてくるようなこともそうそうないですよ(笑)だから、数分も経てば別に外見のことなんて気にしなくなるので、あまり外見にこだわる必要そのものが無いんじゃないかなって思うようになってきましたね。

プロは違う。そんなことを思いました

プロの風俗嬢…と言うと変な言い方かもしれないんですけど、彼女はまさにプロフェッショナルと呼ぶに相応しい風俗嬢だったんですよね。こちらのためにと言う意識がとっても強い風俗嬢だったんです。それだけでもこちらからすれば嬉しい話じゃないですか。しかも彼女が凄いなって思ったのは、彼女は男のためにと言う意識が強いのが分かりましたね。風俗嬢だって人間じゃないですか。自分が出来るか出来ないかがどうしても大切な判断材料になってくると思うんですけど、彼女に関しては判断基準がすべて自分ではなく、こちらだったような気がしますね。それに、プレイそのものがとても上手でした。これって何気にとっても素晴らしいことだと思うんですよね。だから彼女は文字通り「完璧」と言っても大げさではない程のスキルを持つ、「プロフェッショナル」な風俗嬢でしたね。その道でお金を稼ぐだけがプロなんじゃなく、お客に最大限の満足感をもたらしてくれる。それがプロですよ。