パラダイスは風俗にあり

なぜ風俗なのか、分かってきた

若い時はそこまで風俗に対して魅力的だなって思ったことはありませんでした。女の子と遊ぶためのツールの一つ。本当にその程度だったんですよね。きっと自分の周りに女の子がいたから、風俗を頼る必要性がそこまで強くはなかったんでしょうね。でも最近では自分も歳をとるじゃないですか。そうすると、結局の所風俗が貴重なものに「格上げ」されていくことになるんですよね。風俗のような特別な所は他にないってことに気付くので、なんで年齢と共に風俗が貴重な存在になっていくのかもよく分かるようになりました(笑)それに、これはあくまでも自分の気持ちなんですけど、年齢と共に若い女の子との接点そのものがなくなりますよね。文字通り、遠い存在になっていくんですよ。それもあって、若い女の子と楽しみたいって気持ちが強まる。でも、じゃあどこでってなった時、風俗が一番手っ取り早いってことに気付かされるので、貴重な存在になっていくのかなって。

風俗のことを考える幸せ

風俗のことをあれこれ考えるのは、男だけの特権であり、風俗利用者だけの幸せである。…こう言うとまるで誰かの名言のような気もするんですけど、決してそのようなことはありません(笑)むしろ自分が勝手に考えた言葉なんですけど、風俗ってある意味、究極の自己満足じゃないですか。どれだけ自分自身が納得出来るのか。これが大切なテーマだと思うんですよ。当たり前の話ですけど、誰かのために遊ぶわけじゃないですもんね。だからこそ、風俗って自分の目的というか、自分がどうあるべきなのかということをしっかりと考慮しなければならないので、あれこれ考えるのは当たり前と言うか、風俗では自分がどれだけたのしいじかんをすごせるのか。そのためには何が求められているのかや、自分が好きなタイプの女の子にこれまでの経験などをトータルで考慮した上で考えるようにしているんですよね。まぁそれが楽しいって話でもあるので、風俗って自分の中でも特別な存在なのかなって思います。